art


芸歴30周年記念 ~感謝の夕べ~ 2017
パーツ・イシバ 独演会
夢見る魚
満員御礼
芸歴30周年記念公演「夢見る魚」をご観劇いただき誠にありがとうございます。
人の喜怒哀楽、森羅万象、輪廻転生、日常にある景色や出来事、そして愛。
全身全霊で身体表現いたしました。
まだまだ未熟な私ですが、日々稽古に励みます。
今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
2017/9/12(火) 開場18:30 開演19:00
北千住マルイ シアター1010

夢見る魚
海、大地、空、美しい地球。
我々もその美しい世界の一部分なのである。


NHKコズミックフロント 2017
ダークマターを探せ!
2018年/月2日(火)、3日(水)は渋谷区とNHKが今まで共同制作した番組を一挙投影!
◆投影スケジュール(2,3日両日共通)
ダークマターを探せ! 17:00~

10/21~2018/1/3 投影延長決定
~10/9投影延長決定
~7/30投影延長決定
英語版制作決定
~7/9投影延長決定
2017/1/14 投影開始
コズミックフロント NHK
「NHK コズミックフロントプラネタリウム版ダークマターを探せ!」
(2017年1月14日(土)投影開始)
4caf47572f3706bd6b5c0aaf7b91acf1

私たちの目に見える物質は宇宙でわずか5パーセントにすぎません。
残りは「存在するけれど姿形がわからない」謎のモノに占められています。
それがまさにダークマターです。
作品では、ダークマターを解明しようとする研究者に注目していきます。
また、最先端の理論や世界初のダークマターの発見をめざす体制を紹介します。
大好評のプラネタリウム版コズミックフロント第三弾!

監修:髙柳雄一、ナレーター:萩原聖人、振付:パーツ・イシバ

渋谷区文化総合センター大和田12階
コスモプラネタリウム渋谷
TEL:03-3464-3381
FAX:03-3464-3406
コスモプラネタリウム渋谷

第7回国際科学映像祭2017
現在渋谷で上映中のNHKコズミックフロント『ダークマターを探せ!』が国際科学映像祭の正式出品作となりました。
2017/3/5(日)~3/7(火)(ドームフェスタ)
会場: ギャラクシティまるちたいけんドーム
開催趣旨
近年の技術革新は、臨場感溢れる映像の制作や上映を身近なものにしてくれました。各地のドームシアターでは、スクリーンいっぱいに広がる科学映像作品が毎日上映されています。また、個人でも360°VR映像を、動画サイトやヘッドマウント・ディスプレイで、気軽に楽しむことができます。
映像制作へのハードルもどんどん下がっています。かつては難しかった、ドーム映像制作も、今では手軽な設備環境で誰でも始めることのできる時代となりました。国際科学映像祭が提供するドームフェスタでは、トップクラスの科学映像作品を堪能することができます。視野を包み込むドーム映像の圧倒的な臨場感を、ぜひ体験してください。また、ドーム映像制作を志す方、これから志そうという方は、ぜひドーム映像制作ワークショップにも参加してみてください。
さぁ、科学映像の無限の可能性を、ともに切り拓いていきましょう。

開催概要
名称第7回国際科学映像祭
時期2016年7月4日(月)(ドーム映像制作ワークショップ)
2017年3月5日(日)~3月7日(火)(ドームフェスタ)
   ※ドームフェスタの日程が変更になりました
会場ギャラクシティまるちたいけんドーム他
参加資格  科学映像/ドーム映像に興味を持つ全ての人々
主催国際科学映像祭実行委員会
共催宇宙航空開発研究機構宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)
ギャラクシティ(東京都足立区)
後援自然科学研究機構 国立天文台(NAOJ)
日本プラネタリウム協議会(JPA)


ワールドサミット2017
Dentsplay sirona  implants world summit tour tokyo
Japan,America,Germany,Sweden, Shanghai
stage director : Parts Ishiba
IMG_20170219_104540

2017年2月に行われた国際サミット。ドイツとアメリカの歯科医療企業の合併発表と会議 Evening Event / Social Eventのステージ演出を致しました。
ツアーは日本が最初になり、エンターテインメントは各国から最高の評価を頂きました。
ステージ演出:パーツ イシバ
出演:マジシャン セロ・Parts Performing Arts


三陸国際芸術祭2017
震災から6年の歳月を経て 本年、4月29日に「まちびらき」をした大船渡駅周辺を舞台に、三陸とアジアの芸能が未来に向かって集います。
特設ステージでの夜神楽や、コミュニティダンス。 大型商業施設「キャッセン」や須崎川の親水空間を彩る現代アート。
さらに、三陸の芸能を実際に習うことができる体験型のアクティビティーや映像祭など様々なプログラムが展開されます。
三陸国際芸術祭に合わせて、日本各地から大船渡に踊りにやってくる現代パフォーマンス、我々はフリンジ・パフォーマンスに参加しました。


宝塚歌劇団 月組 アーサー王伝説 2016
宝塚歌劇団公式ホームページ
パーツ・イシバはパントマイム振付指導で参画。
宝塚初のマイム導入は大成功。作品に深みを増しました。
本作オリジナルのドーヴ・アチア氏(脚本/演出/作曲)フランス制作チームが観劇。
日本版の仕上がりを喜ばれ、マイム演出も「良いアイデア」「クオリティが高い」と絶賛でした。
cpl73a0000014cai
ミュージカル
『アーサー王伝説』
The Musical ≪LA LEGENDE DU ROI ARTHUR≫
Produced by DECIBELS PRODUCTIONS, Dove ATTIA
International Licensing & Booking, G.L.O, Guillaume Lagorce, info@glorganisation.com
潤色・演出/石田 昌也

2015年9月にパリで初演され、その後、ツアー公演としてフランス各地で旋風を巻き起こした、フレンチ・ミュージカル『アーサー王伝説』を、月組新トップコンビにより日本初上演致します。
昨年、月組が日本初演を行った『1789 -バスティーユの恋人たち-』と同じくドーヴ・アチア氏の脚本・作詞・作曲によるこの最新作は、「岩に突き刺さった剣を引き抜いた者が王となる」という伝説でも有名な、イギリス・ケルトに伝わる騎士道物語をドラマティックに描いた作品です。
ケルトの王アーサーは、隣国から美しいグィネヴィアを王妃として都・キャメロットに迎え、忠誠を誓う円卓の騎士らと共にサクソン人の脅威から自国の防衛に奔走していた。ある日、湖の騎士ランスロットが円卓の騎士に加えて欲しいと、キャメロットを訪れるのだが…。
若くして王となる運命を背負い、その責務と愛の間で揺れ動くアーサー王に、月組新トップスターの珠城りょうが挑みます。ケルト地方の民族音楽をポップにアレンジしたフレンチ・ロックに乗せて新生月組が船出します、どうぞご期待ください。
文京シビックホール
公演期間 2016年10月14日(金)~ 10月19日(水)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公演期間 2016年10月28日(金)~ 11月9日(水)


NHK渋谷deどーも2016
ふれあいホール ノージーのひらめき工房 スペシャルステージ
DSC_0434
(Eテレ)子どもたちに大人気の番組「ノージーのひらめき工房」が初めて公開収録を行われました。歌って踊って、楽しく工作あそびをして、みんなの「ひらめきパワー」を沢山集めました。ノージーやシナプーたちと力を合わせていろんな困難を乗り越える「ハラハラどきどき」の音楽工作ショーは大盛況に終わりました。
私は振付指導で参画しています。
ノージーのひらめき工房


NHK文化祭2016
謎新聞ミライタイムズ号外!朝起きられない!!NHK文化祭来場者が一生遅刻地獄!!
「シャキーン!」番組制作部×劇団東京人形夜
_20161113_210913
11/5~11/6のNHK文化祭にシャキーン!「謎新聞ミライタイムズ」が登場!シルクハット団の謎を子供たちは、しっかり解きました。ミライタイムズ大盛況!ご来場ありがとうございました。


NHK文化祭2015
DSC06295
謎新聞ミライタイムズ号外! Eテレが見られない!?テレビのリモコンから2が消える!!
「シャキーン!」番組制作部×劇団東京人形夜
10/31~11/1はNHK文化祭にシャキーン!のミライタイムズが登場しました。
劇団東京人形夜はシルクハット団となり謎を仕掛ける!最後は団長パーツと勝負!ミライタイムズは大盛況に終わりました!ご来場ありがとうございました。


第26回下北沢演劇祭2016
2016_02_11_CRAFT (57)
歴史ある本多劇場「下北沢演劇祭」参加いたしました。
パントマイム・ダンス界の異才パーツ・イシバの新作「CRAFT」子供から大人まで楽しめるアート作品。
ご来場数430名、満員御礼、ありがとうございました。

パントマイム・ダンス界の異才パーツ・イシバが こどもの心と創造の世界を「カタチ」に。マイムとダンスのCRAFT(技)で表現します。
カラダすべてでつくりだす 不思議な世界へ。
作 演出 パーツ イシバ
2016/2/11 (木 祝)


国際アート フェスティバル2015
2015年シンガポール「Flipside」
GRMinfo_toptitle
2015年6月におこなわれたシンガポールでのパフォーマンスフェスティバル Flip side 2015 にて、GRINDER-MANはパフォーマンス作品「ZETTAI RED」を上演しました。
Flipsideは、伝統的なアートのイメージを覆す(フリップする)ことで、新しいアートの楽しみ方を提供するパフォーマンスフェスティバルです。シンガポール最大の劇場「Esplanade」の主催により2004年より始まったこのフェスティバルは、毎年世界各国から約20組のグループが参加して約10日間にわたり開催されます。
ZETTAI REDは、2014年6月に二子玉川ライズにて発表したパフォーマンス作品。今回のZETTAI REDは会場をシンガポールのベイサイドに移し、赤いバルーンを背負った5人の男たちがEsplanade Waterfront Canopy周辺を広く歩き回りました。
そして、シンガポールのパーカッションチーム「Bloco Singapura」の協力のもと、パーカッショニスト4名がZETTAI REDチームに加わります。彼らとのリハーサルを経て生まれた新しい「ZETTAI RED」のパフォーマンスは大盛況に終わりました。


第6回したまち演劇祭・したコメ映画祭2015
2015年 第6回したまち演劇祭in台東
IMG_20150903_074625
したまち演劇祭 参加作品「映画世界」
企画/台東区
制作/劇団東京人形夜
作・演出/パーツ・イシバ
照明/明治座舞台株式会社
劇団東京人形夜 最新作 Pantomime「映画世界」は大盛況に終わりました。