report


郷ひろみ一夜限りの特別コンサート

2019/2/27 HIROMI GO SPECIAL CONCERT 2019 “ALL MY LIFE”
高級感あふれる成熟したエンターテイメント、オペラ劇場、シアトリカルなコンサートを骨子に。
空間演出:パーツイシバ (Lobby , theater seats/ Performer & usher)

< 記事 ビルボード ジャパン 引用 >
郷ひろみが、一夜限りのスペシャルコンサート【HIROMI GO SPECIAL CONCERT 2019“ALL MY LIFE”】を、2019年2月27日に上野公園の一角にある伝統的な音楽ホール、東京文化会館で開催した。
公演前に行った囲み取材では、本公演の開催に向けて、スタッフと数年前から話し合っていたことを明かし、「40年間、毎年のように続けてきた全国ツアーとディナーショーとは別のもう1つの柱となる新しいショーを作りたかった」とコメント。ミュージシャンやパフォーマー、スタッフを合わせて総勢70名が集結した豪華絢爛なエンタテインメント・ショーの開演を目前にした郷は、「音の圧力でみなさんをがんじがらめにして、虜にしたいという思いで作ってきました」と語り、「僕自身が観客として見ることができないのが残念って思うくらい、素晴らしいショーに仕上がっています」と胸を張った。
歴史と権威のある世界的なオペラハウスとしても知られる会場には、平日にも関わらず、満員となる2000人の観客が集結。ロビーや客席周辺にはマリオネットやラビットの仮面を被ったパフォーマーが出迎え、開演までの時間をパントマイムやマジックで楽しませた。
ショーはドラムラインによるパフォーマンスから始まり、30人編成のビッグバンドをバックにした「GOLDFINGER’99」で華々しく幕開け。ジャズアレンジされた「How many いい顔」やドラムとパーカッションがフィーチャーされた「バイブレーション(胸から胸へ)」の演奏後には大きな拍手が沸き起こり、郷は「たくさんの拍手をどうもありがとう」と丁寧に挨拶した。
続いて、「今夜はこの日のためだけ、この会場に来ていただいたみなさんのためだけの特別な特別なコンサートです。いつもとは違ったアプローチで、新しい試みをたくさん用意していますので、ゆっくり楽しんでください」と語りかけ、「哀愁のカサブランカ」や「よろしく哀愁」などコンテンポラリーダンサーやエアリアルのパフォーマー、華道家・大谷美香などのコラボレーションを披露、観客を驚かせた。
さらに、後半には「愛してる」「言えないよ」などのラブバラードをまっすぐに歌い上げ、火柱が上がったファンキーなブラスロック「Zeroになれ」で場内はヒートアップし、キューバンジャズにアレンジされた「マイ レディー」やオールキャストが勢ぞろいした「Come On Baby」では大きなクラップが沸き起こるほどの盛り上がり。そして、プラネタリウム・クリエイターの大平貴之開発・製作の2台の「MEGASTAR」が天井に2000万個もの星を投影された中、郷が「これからもずっと歌い続けていくのが僕の人生です。僕と一緒に歩いてくれるみなさんがいる限り、ずっと歌い続けていきたいと思います」と語りかけ、本公演のタイトル曲であるバラードを高らかに歌い上げ、一夜限りの特別なショーは大団円を迎え、観客はスタンディングオベーションで彼を見送った。


YATSUI FES 2019




【公演概要】
『YATSUI FESTIVAL! 2019』
日程:2019年6月15日(土)、6月16日(日)
開場/開演(両日):12:30(11:00リストバンド交換開始)
会場:TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest
duo MUSIC EXCHANGE、7th FLOOR、clubasia、VUENOS、GLAD、LOUNGE NEO、
SOUND MUSEUM VISION、HARLEM PLUS、LOFT9 Shibuya(合計13店舗)

【日割り 6月15日(土)】34組
DJやついいちろう / エレ片 / 新しい学校のリーダーズ / アップアップガールズ(2) / アップアップガールズ(プロレス) / CAR10 / Garas / カルメラ / 吉川友 / ゲッターズ飯田 / DJ後藤まりこ / SHE IS SUMMER /渋さ知らズオーケストラ / 集団行動 / 曽我部恵一 / テニスコート / toddle / ニトロデイ / NONA REAVES / パーツイシバ / ぱいぱいでか美 / フィロソフィーのダンス / Helsinki Lambda Club / ホフディラン / マキタスポーツ / まねきケチャ / MINT mate box / Maison book girl / uri gagarn / ゆけむりDJs / ライトガールズ / Ri Ri Riligion / Luby Sparks / ワンダフルボーイズ /

【日割り 6月16日(日)】38組
DJやついいちろう / アーバンギャルド / 麻美ゆま / あらかじめ決められた恋人たちへ / imai / Wienners / 氏神一番 / 岡江真一郎 / ONIGAWARA / カルメラ / 鬼頭 哲(渋さ知らズ・CHIZ) / Gueen / ゲッターズ飯田 / GOING UNDER GROUND / 桜エビ〜ず / SIRUP / SEVENTEEN AGAiN / 玉置標本 / DALLJUB STEP CLUB / DÉ DÉ MOUSE(band) / DOORBELLS / 永井真理子 / 南波志帆 / Neggico / ぱいぱいでか美 / 爆乳ヤンキー / 馬喰町バンド / the band apart / 藤川千愛 / マキタスポーツ / 松崎しげる / mezcolanza / ものんくる / ゆけむりDJs / Lucky Kilimanjaro / RAM RIDER with EVERYDAYS・GAYSHA GALs / ワンダーウィード / ワンダフルボーイズ

主催:やついいちろう
協賛:株式会社イープラス
制作:シブヤテレビジョン/トゥインクルコーポレーション/SALMONSKY
協力:ビクターエンタテインメント/duo MUSIC EXCHANGE/Culture of Asia/7th FLOOR
株式会社グローバル・ハーツ/株式会社おたのしみ研究所/LOFT9 Shibuya

今年で記念すべき8回目の開催を迎える「YATSUI FESTIVAL!」は、音楽・お笑い・アイドル・文化人を交え渋谷エリア13会場を連動して行うエンタテインメントフェスで、1日の出演者数は日本最大級を誇り、渋谷エリア最大となる都市型周遊フェス。
【チケット情報】
●先着先行チケット
2月14日(木) 12:00販売開始〜
1) 2日通し券 ¥12,500 (各日ドリンク別)
2) 1日券(6/15分) ¥6,800 (ドリンク別)
3) 1日券(6/16分) ¥6,800 (ドリンク別)
イープラスのみ


パプリカ


NHKでは、今、2020年に向けて「NHK2020応援ソングプロジェクト」を展開しています。
「あしたにたねをまこう!」というキャッチコピーのもと、2020年とその先の未来に向けて頑張っている全ての人を応援していくプロジェクトです!

テーマソング「パプリカ」は、そんな多くの人達の夢を応援する歌として作られました。
作詞・作曲を担当したのは、米津玄師さん。そして、この曲を歌うのは、小学生ユニット「Foorin」。誰でも楽しく踊れるダンスを考案したのは辻本知彦さんと菅原小春さんです。
NHKは、この「パプリカ」を通して、できるだけ多くの方々と繋がり、みんなで未来の夢を描えがき、また、みんなでその夢を応援していく放送やイベントを展開していきます!
※このプロジェクトは「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」に、「東京2020公認プログラム」として認証されています。

パプリカ番組リレー「パプリカ シャキーン!版」に参加いたしました。
●「パプリカ」シャキーン!バージョン 2分30秒版
シャキーン!7:00〜7:15
●NHK2020応援ソング「パプリカ」シャキーン!バージョン 1分版
Eテレ16:44〜16:45
※このプロジェクトは「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」に、「東京2020公認プログラム」として認証されています。


第26回かつしか演劇祭 2018

太陽とつながった海
演劇・舞台
NHK幼児・子ども向け番組や宝塚歌劇団などを手掛ける人気演出振付家、パーツ・イシバの最新作・パントマイム公演。第26回かつしか演劇祭(2018年1月20日〜1月21日)参加作品。
パントマイムとコンテンポラリーダンスでつづるストーリーは、子供から大人まで広く楽しんでいただけます。
《あらすじ》
太陽が地平線に沈むとき、大地と海と空がひとつになる。魚は空を飛び、鳥は海を泳ぐ、大地では喋らぬ詩人が体で語り、草木は愛を踊る。この美しき世界に感謝を込めて。
会期
2018年1月20日(土)〜2018年1月21日(日)
作・演出:パーツ・イシバ
主催・企画:かつしか演劇祭実行委員会
ナレーション:イクエ
音響照明:横山 江里
記録 映像:関口光治
記録 写真:吉田 弦彦、香田 勇
チラシデザイン:ちぃ
かめありリリオホール
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-26-1


芸歴30周年記念 ~感謝の夕べ~ 2017

パーツ・イシバ 独演会
夢見る魚
満員御礼
芸歴30周年記念公演「夢見る魚」をご観劇いただき誠にありがとうございます。
人の喜怒哀楽、森羅万象、輪廻転生、日常にある景色や出来事、そして愛。
全身全霊で身体表現いたしました。
まだまだ未熟な私ですが、日々稽古に励みます。
今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
2017/9/12(火) 開場18:30 開演19:00
北千住マルイ シアター1010
夢見る魚
海、大地、空、美しい地球。
我々もその美しい世界の一部分なのである。



NHKコズミックフロント 2017

ダークマターを探せ!
2018年/月2日(火)、3日(水)は渋谷区とNHKが今まで共同制作した番組を一挙投影!
◆投影スケジュール(2,3日両日共通)
ダークマターを探せ! 17:00~

10/21~2018/1/3 投影延長決定
~10/9投影延長決定
~7/30投影延長決定
英語版制作決定
~7/9投影延長決定
2017/1/14 投影開始
コズミックフロント NHK
「NHK コズミックフロントプラネタリウム版ダークマターを探せ!」
(2017年1月14日(土)投影開始)


4caf47572f3706bd6b5c0aaf7b91acf1

私たちの目に見える物質は宇宙でわずか5パーセントにすぎません。
残りは「存在するけれど姿形がわからない」謎のモノに占められています。
それがまさにダークマターです。
作品では、ダークマターを解明しようとする研究者に注目していきます。
また、最先端の理論や世界初のダークマターの発見をめざす体制を紹介します。
大好評のプラネタリウム版コズミックフロント第三弾!

監修:髙柳雄一、ナレーター:萩原聖人、振付:パーツ・イシバ

渋谷区文化総合センター大和田12階
コスモプラネタリウム渋谷
TEL:03-3464-3381
FAX:03-3464-3406
コスモプラネタリウム渋谷

第7回国際科学映像祭2017
現在渋谷で上映中のNHKコズミックフロント『ダークマターを探せ!』が国際科学映像祭の正式出品作となりました。
2017/3/5(日)~3/7(火)(ドームフェスタ)
会場: ギャラクシティまるちたいけんドーム
開催趣旨
近年の技術革新は、臨場感溢れる映像の制作や上映を身近なものにしてくれました。各地のドームシアターでは、スクリーンいっぱいに広がる科学映像作品が毎日上映されています。また、個人でも360°VR映像を、動画サイトやヘッドマウント・ディスプレイで、気軽に楽しむことができます。
映像制作へのハードルもどんどん下がっています。かつては難しかった、ドーム映像制作も、今では手軽な設備環境で誰でも始めることのできる時代となりました。国際科学映像祭が提供するドームフェスタでは、トップクラスの科学映像作品を堪能することができます。視野を包み込むドーム映像の圧倒的な臨場感を、ぜひ体験してください。また、ドーム映像制作を志す方、これから志そうという方は、ぜひドーム映像制作ワークショップにも参加してみてください。
さぁ、科学映像の無限の可能性を、ともに切り拓いていきましょう。

開催概要
名称 第7回国際科学映像祭
時期2016年7月4日(月)(ドーム映像制作ワークショップ)
2017年3月5日(日)~3月7日(火)(ドームフェスタ)
※ドームフェスタの日程が変更になりました
会場ギャラクシティまるちたいけんドーム他
参加資格  科学映像/ドーム映像に興味を持つ全ての人々
主催国際科学映像祭実行委員会
共催宇宙航空開発研究機構宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)
ギャラクシティ(東京都足立区)
後援自然科学研究機構 国立天文台(NAOJ)
日本プラネタリウム協議会(JPA)


ワールドサミット2017

Dentsplay sirona  implants world summit tour tokyo
Japan,America,Germany,Sweden, Shanghai
stage director : Parts Ishiba


IMG_20170219_104540

2017年2月に行われた国際サミット。ドイツとアメリカの歯科医療企業の合併発表と会議 Evening Event / Social Eventのステージ演出を致しました。
ツアーは日本が最初になり、エンターテインメントは各国から最高の評価を頂きました。
ステージ演出:パーツ イシバ
出演:マジシャン セロ・Parts Performing Arts


三陸国際芸術祭2017

震災から6年の歳月を経て 本年、4月29日に「まちびらき」をした大船渡駅周辺を舞台に、三陸とアジアの芸能が未来に向かって集います。
特設ステージでの夜神楽や、コミュニティダンス。 大型商業施設「キャッセン」や須崎川の親水空間を彩る現代アート。
さらに、三陸の芸能を実際に習うことができる体験型のアクティビティーや映像祭など様々なプログラムが展開されます。
三陸国際芸術祭に合わせて、日本各地から大船渡に踊りにやってくる現代パフォーマンス、我々はフリンジ・パフォーマンスに参加しました。


宝塚歌劇団 月組 アーサー王伝説 2016

宝塚歌劇団公式ホームページ
パーツ・イシバはパントマイム振付指導で参画。
宝塚初のマイム導入は大成功。作品に深みを増しました。
本作オリジナルのドーヴ・アチア氏(脚本/演出/作曲)フランス制作チームが観劇。
日本版の仕上がりを喜ばれ、マイム演出も「良いアイデア」「クオリティが高い」と絶賛されました。


cpl73a0000014cai

ミュージカル
『アーサー王伝説』
The Musical ≪LA LEGENDE DU ROI ARTHUR≫
Produced by DECIBELS PRODUCTIONS, Dove ATTIA
International Licensing & Booking, G.L.O, Guillaume Lagorce, info@glorganisation.com
潤色・演出/石田 昌也

2015年9月にパリで初演され、その後、ツアー公演としてフランス各地で旋風を巻き起こした、フレンチ・ミュージカル『アーサー王伝説』を、月組新トップコンビにより日本初上演致します。
昨年、月組が日本初演を行った『1789 -バスティーユの恋人たち-』と同じくドーヴ・アチア氏の脚本・作詞・作曲によるこの最新作は、「岩に突き刺さった剣を引き抜いた者が王となる」という伝説でも有名な、イギリス・ケルトに伝わる騎士道物語をドラマティックに描いた作品です。
ケルトの王アーサーは、隣国から美しいグィネヴィアを王妃として都・キャメロットに迎え、忠誠を誓う円卓の騎士らと共にサクソン人の脅威から自国の防衛に奔走していた。ある日、湖の騎士ランスロットが円卓の騎士に加えて欲しいと、キャメロットを訪れるのだが…。
若くして王となる運命を背負い、その責務と愛の間で揺れ動くアーサー王に、月組新トップスターの珠城りょうが挑みます。ケルト地方の民族音楽をポップにアレンジしたフレンチ・ロックに乗せて新生月組が船出します、どうぞご期待ください。
文京シビックホール
公演期間 2016年10月14日(金)~ 10月19日(水)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公演期間 2016年10月28日(金)~ 11月9日(水)


NHK渋谷deどーも2016

ふれあいホール ノージーのひらめき工房 スペシャルステージ

DSC_0434

(Eテレ)子どもたちに大人気の番組「ノージーのひらめき工房」が初めて公開収録を行われました。歌って踊って、楽しく工作あそびをして、みんなの「ひらめきパワー」を沢山集めました。ノージーやシナプーたちと力を合わせていろんな困難を乗り越える「ハラハラどきどき」の音楽工作ショーは大盛況に終わりました。
私は振付指導で参画しています。
ノージーのひらめき工房


NHK文化祭2016

謎新聞ミライタイムズ号外!朝起きられない!!NHK文化祭来場者が一生遅刻地獄!!
「シャキーン!」番組制作部×劇団東京人形夜


_20161113_210913

11/5~11/6のNHK文化祭にシャキーン!「謎新聞ミライタイムズ」が登場!シルクハット団の謎を子供たちは、しっかり解きました。ミライタイムズ大盛況!ご来場ありがとうございました。


NHK文化祭2015


DSC06295

謎新聞ミライタイムズ号外! Eテレが見られない!?テレビのリモコンから2が消える!!
「シャキーン!」番組制作部×劇団東京人形夜
10/31~11/1はNHK文化祭にシャキーン!のミライタイムズが登場しました。
劇団東京人形夜はシルクハット団となり謎を仕掛ける!最後は団長パーツと勝負!ミライタイムズは大盛況に終わりました!ご来場ありがとうございました。


第26回下北沢演劇祭2016

歴史ある本多劇場「下北沢演劇祭」参加いたしました。
パントマイム・ダンス界の異才パーツ・イシバの新作「CRAFT」子供から大人まで楽しめるアート作品。
ご来場数430名、満員御礼、ありがとうございました。

パントマイム・ダンス界の異才パーツ・イシバが こどもの心と創造の世界を「カタチ」に。マイムとダンスのCRAFT(技)で表現します。
カラダすべてでつくりだす 不思議な世界へ。
作 演出 パーツ イシバ
2016/2/11 (木 祝)


国際アート フェスティバル2015




2015年シンガポール「Flipside」
2015年6月におこなわれたシンガポールでのパフォーマンスフェスティバル Flip side 2015 にて、GRINDER-MANはパフォーマンス作品「ZETTAI RED」を上演しました。
Flipsideは、伝統的なアートのイメージを覆す(フリップする)ことで、新しいアートの楽しみ方を提供するパフォーマンスフェスティバルです。シンガポール最大の劇場「Esplanade」の主催により2004年より始まったこのフェスティバルは、毎年世界各国から約20組のグループが参加して約10日間にわたり開催されます。
ZETTAI REDは、2014年6月に二子玉川ライズにて発表したパフォーマンス作品。今回のZETTAI REDは会場をシンガポールのベイサイドに移し、赤いバルーンを背負った5人の男たちがEsplanade Waterfront Canopy周辺を広く歩き回りました。
そして、シンガポールのパーカッションチーム「Bloco Singapura」の協力のもと、パーカッショニスト4名がZETTAI REDチームに加わります。彼らとのリハーサルを経て生まれた新しい「ZETTAI RED」のパフォーマンスは大盛況に終わりました。


第6回したまち演劇祭・したコメ映画祭2015

2015年 第6回したまち演劇祭in台東
したまち演劇祭 参加作品「映画世界」
企画/台東区
制作/劇団東京人形夜
作・演出/パーツ・イシバ
照明/明治座舞台株式会社
劇団東京人形夜 最新作 Pantomime「映画世界」は大盛況に終わりました。